※PowerPoint/アニメーション回転・複数・同時Upしました。 COUNTIFS関数複合参照と絶対参照を使う!コピーしてもずれない! IFERROR関数(0、””)にする! ※条件付き書式(複数条件ルール設定)※COUNTIF/COUNTIFS-複数条件! IF関数組合せ-OR関数/AND関数!Up ※PowerPoint使い方(編集方法)※Snipping-Toolあを表示させない!    ※PowerPoint-スライドマスタ使い方(編集方法)

Excel/数値を文字列/文字列を数値に変換する

Excel-関数を使う

数値を文字列に変換したり、文字列を数値にしたりとどのようにするのか
関数を使ったり、そのまま簡単に文字列にしたり

又数値を文字列にし文字を追加する

数値に文字を追加するは
Excel/書式設定/数値に文字を追加

スポンサーリンク

Excel/数値を文字列に変換する

Excelデータの数値を文字に変換するには
ここでは3つの方法を紹介します。

アポストロフィーを使って数値を文字列に変換

アポストロフィーは「shift」キーを押しながら中央上にある「7」で打てます。

数式バーの左上赤丸域「

セルにグリーンの三角のエラーマークが表示されますが、意図して変更したものですので
エラーを無視するで回避できます。(非表示にできます)

aposutorofi

TEXT関数を使って数値を文字列に変換する

1,000→1000この状態だと本来の目的が果たせていない

B3の値は1000ですがカンマ区切りをされています。

text-kansuu

表示形式#,##0を使用します。

1,000→1,000に指定する書式を”,###0″する。

ダブルクォーテーションで囲みましょう。

区切り位置の機能を使う

(B3:B6)は(C3:C6)型が1なので数値である事がわかります。

↓↓↓

データを選択します(B3:B6)の選択

データの区切り位置をクリックウイザード1/3が表示されるので下次へをクリック

データ区切り位置をクリック

区切り位置ウイザード2/3が表示されるので下次へをクリック

区切り位置ウイザード2/3が表示されるので下次へをクリック

区切り位置ウイザード3/3が表示されるので下完了をクリック

 

区切り位置を使った結果

(B3:B6)は数値から文字列になっています。

(B3:B6)は(C3:C6)型が2なので文字列である事がわかります。

 

スポンサーリンク

文字列に文字を追加する

 

Excel/書式設定/数値に文字を追加

B3文字列に変更後に文字列を(”引き”)を追加
ダブルクォーテーションで囲みます。

 

B3を文字列に変換しないで文字を(”引き”)を追加するとC3:C4パーセントの表示形式が
解除されています。

30%引き⇛0.3引きになっています。

数値を文字列に確認方法

区切り位置で確認した方法。

B3:B4のデータの型を調べる。2が返されているので文字列に変換されてたことがわかります。

 

excel-type

スポンサーリンク

文字列を数値に変換する

VALUE関数を使って数値に変換する。

変換されているか確認

値のデータの型を表す整数
1=数値、2-文字列、4=論理値、16=エラー値、64=配列、128=複合データ

D3:D8の値の型は(1)

D3セルには =TYPE(C3)と入力して値の型を調べています。

 

excel-type

 

 

ゆり子
ゆり子

次回は文字列を日付に、日付を文字列に~

勉強中・・・
勉強中・・・

日付・・・文字列?

タイトルとURLをコピーしました