※PowerPoint/アニメーション回転・複数・同時Upしました。 COUNTIFS関数複合参照と絶対参照を使う!コピーしてもずれない! IFERROR関数(0、””)にする! ※条件付き書式(複数条件ルール設定)※COUNTIF/COUNTIFS-複数条件! IF関数組合せ-OR関数/AND関数!Up ※PowerPoint使い方(編集方法)※Snipping-Toolあを表示させない!    ※PowerPoint-スライドマスタ使い方(編集方法)

Excel 使える関数 LEFT関数とFIND関数で指定した文字を取り出す

excel-kansuu-raito-faindoExcel-関数を使う

 

 

こちらの記事ではLEFT(レフト)FIND(ファインド)を組み合わせる事によって
Excelデータの処理時間短縮をする事が出来る事は間違いはないと思います。
氏名から性だけ取り出したいとか、事務処理してたらしたい事が一杯!

LEFT関数使い方とFIND関数使い方。応用

スポンサーリンク

LEFT関数とFIND関数で指定した文字列を取り出す(例)

 

LEFT関数は文字列の左橋から指定した文字数だけを取り出す関数です。
FIND関数は検索する文字列の指定(指定する)そして指定した文字の位置を返してくれる関数です。

LEFT関数とFIND関数を組合せ氏名から性を取り出す

検索する文字列を指定して、開始位置、左から取り出してみましょう。

LEF関数(①文字列, ②文字数)
FIND関数 (①検索文字列 ②対象 ③【開始位置】)

左から” ”が出てくる文字数までを取り出す。

extract string

 

上の図では対象の位置を(1)としましたが、省略しても(1)とみなされます。” ”から
指定取り出す。

(-1)は上数式では入力していませんでしたが、山田の後” ”を除いていて
山田の文字を取り出すことが出来ます。

Left-find-combination

 

① B3:B7までに入力されている氏名セル
② B3:B7の取り出したい文字数
1番目の文字から” ”までが取り出されます。

LEFT関数とFIND関数を組合せアドレスからユーザー名を取り出す

氏名から性だけ取り出す場合アドレスから@手前のユーザー名
LEFTとFINDで(ユーザー名 @まえ)を取り出してみましょう。

@が現れている位置から@含むを取り出すので@表示させないように(-1)

username-eject

 

LEFT関数=(①文字列, ②文字数)
①取り出す文字を含む文字列   ②取り出す文字数 【省略すると(1)】
FIND関数=(①検索文字列, ②検索文字列を含む文字列, ③開始位置)
①文字列が最初に現れる位置  ②検索文字列

 

スポンサーリンク

Excel/ LEFT関数 FIND関数使い方

 

2020/10/04記事で関数文字列操作で説明。

数式を使って文字列書式設定/編集をする

LEFT関数-指定した文字列の数の文字を返す

 

この場合 文字列 ⇛ C3  取り出す文字数 ⇛ 3

left-Function-use

下の図でわかるように文字数を2、3でも結果は同じになりました。
それは性と名前の間の空白 ⇛ 空白まで取り出したくない場合は2を指定すればいいわけです。

left-function

 

スポンサーリンク

LEFT関数指定省略

LEFT関数は先頭から指定した文字を返すので(   )省略で1を指定したとみなされます。
下の図で説明するとB3文字列(山)一文字

 

LEFT=(①文字列, ②文字数)
LEFT関数は①文字列の入ったセル    ②取り出したい文字数

FIND関数-指定した文字の位置を返してくれる

FIND=(①検索文字列, ②対象、③開始位置)

最初に現れる位置を検索します(大文字、小文字)は区別されます。

Googleの文字 検索文字列(”g“) 対象は(B2) 開始位置は(1
(“g”)は4番目と返されています。

find function-how to use

 

 

 

 

 

 

find-formula details

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました