IF関数組合せ! グラフ構成要素の編集 データを視覚的に表示・シートにパスワードをかけるかける。重複データ SUBSTITUTE関数文字列! SUBTOTAL集計方法・VLOOKUP使い方 関数SUMIF使い方!!・・ゆり子の雑学アップしました!

Excel/IFERROR関数

excel-iferrorExcel-関数を使う

前記事でAND・OR・NOTをIF関数に組み合わせるを説明しましたが、
IFERRORは数式がエラーでない場合は数式の結果を返し、エラーならば指定した値を返します。

 

excel-iferror

 

スポンサーリンク

Excel/IFERROR関数

 

EXCELでは①数式を正しく表せない時エラー表示になる
又エラー表示になったときに②返す値を指定します。

①正しく表せない(文字などが入力されている データが入っていないなど)
②返す値を指定する(表示にする/文字を指定する等)

※またエラー表示を非表示にする又は文字を指定する

数式の結果がエラー表示の時に返す値を決める

↓↓↓

 

excel-iferror

 

Excelデータ

↓↓↓

 

下記のExcelデータ図応募者数が16名で定員20名応募率は、①D3/C3
見たときに直ぐわかるように➁”応募者待ち”に指定する

excel-iferror

 

 

この場合定員数が入力されていないが、入力されている場合は・・応募者数だけ決まっていない時

↓↓↓

EXCEL-IFERROR

 

IFERROR

 

E5セルにエラー表示 #DIV/0!  ⇛(0・空白セル)で除算されている。

E6セルにエラー表示#VALUE!  ⇛因数の形式の間違い。

 

IFERRORを使う(0表示にする)

下記の図エラー表示の時応募者待ちに修正

↓↓↓

 

Excelデータ下記図
↓↓↓

下の図数式バーに注目 ➁エラーの場合0が表示されるように
ブルー〇枠域E5 E6セルが0表示になった。

 

IFERROR-0hiyouji

 

IFERRORを使う(空白 ”” 表示にする)

 

下の図数式バーに注目 ➁エラーの場合空白( ”” )が表示されるように
ブルー〇枠域E5 E6セルが空白( ”” )表示になった。

 

IFERROR-kuuhaku

 

スポンサーリンク

IEERROR関数 まとめ

 

数式がエラー表示されるとき修正する値を指定することが出来る

 

エラーの時 返される値
↓↓↓
#N/A #VALUE #RFF! #DIV/0! #NUM! #NULL!

 

 エラー表示を (空白)並びに(0表示)にすることが出来る

↓↓↓

ここは覚えておいた方が空白表示( ”” ) 0表示( 0 )

 

ゆり子
ゆり子

 

勉強中・・・
勉強中・・・

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました