※PowerPoint/アニメーション回転・複数・同時Upしました。 COUNTIFS関数複合参照と絶対参照を使う!コピーしてもずれない! IFERROR関数(0、””)にする! ※条件付き書式(複数条件ルール設定)※COUNTIF/COUNTIFS-複数条件! IF関数組合せ-OR関数/AND関数!Up ※PowerPoint使い方(編集方法)※Snipping-Toolあを表示させない!    ※PowerPoint-スライドマスタ使い方(編集方法)

Excel/データの入力規則

Excel-出来る事
スポンサーリンク

Excel/データの入力規則を設定する

 

データの入力規則を設定し入力できる値を制限します
入力を制限する事により、入力のミスを防ぎ、効率を上げることが出来ます。

まずは設定をしたいセル範囲を選択
メニューバーデータをクリックし、データツールの(入力規則)をクリックします。

 

下データに入力規則を設定してみましょう
まずは入力規則を設定したいセル範囲を範囲選択ここでは(E2:E8)

 

※ 参考(上記こちらのExcelデータはIFS関数とIF関数の違いで説明。
Excel/IFS関数とIF関数の違い

メニューバーからデータ選択データの入力規則をクリック
データの入力規則無効のデータのマーク
入力規則マークのクリア

設定するセルを範囲選択する
ここでは評価を→A B Cにドロップダウンリストを表示してみましょう。

評価が素晴らしければA   普通ならB 頑張りましょうならC

 

データの入力規則/入力する値の設定

入力値の種類から

ここではリストを選択
A B Cをカンマ区切りで入力します。

評価の結果を入力規則 A  B  C 「 セル範囲を範囲選択ここでは(E2:E8)」

入力されたデータからのリストを表示する

アイキャッチ画像を削除

入力規則/リストの削除

全てクリア→OK

スポンサーリンク

データ入力規則エラーメッセージを設定する

設定した値と違う入力をするとエラーメッセージが出ます
スタイルは停止|注意|情報。

 

データの入力規則スタイル

データの入力規則が設定されている範囲に違う値を入力すると

停止の設定の場合

 

スタイル/注意の場合

 

スポンサーリンク

データに入力規則で設定した値以外を入力可能にする方法

入力規則が設定されていても入力しないといけない時もあります。
入力規則を選択しダイアログからエラーメッセージをクリック
無効データのチェックを外します。

データの入力規則無効データの確認

無効なデータが入力されているかどうかは、無効のデータマークをクリック確認できます。

赤い〇で表示されています

 

ゆり子
ゆり子

追記あり..ドロップダウンリストからの入力規則の設定を本日説明しました。他使える機能他、ワークシートの表示の変更の仕方。

 

勉強中・・・
勉強中・・・

他…?

 

 

タイトルとURLをコピーしました