※PowerPoint/アニメーション回転・複数・同時Upしました。 COUNTIFS関数複合参照と絶対参照を使う!コピーしてもずれない! IFERROR関数(0、””)にする! ※条件付き書式(複数条件ルール設定)※COUNTIF/COUNTIFS-複数条件! IF関数組合せ-OR関数/AND関数!Up ※PowerPoint使い方(編集方法)※Snipping-Toolあを表示させない!    ※PowerPoint-スライドマスタ使い方(編集方法)

Excel/テーブルスタイルを適用する

te-burusyuukeiExcel-出来る事

この記事では
前記事/データをSUBTOTAL関数を使ってデータを集計しましたが、この記事ではセル範囲をテーブルに変換させ自動的にSUBTOTAL関数を作成する方法

スポンサーリンク

テーブル書式を設定する

挿入タブからデータのどの部分での良いので選択デザインタブからデザインの選択

te-burusyuukei

 

te-buru-henkan

↓↓↓

下の図テーブルスタイルのオプションの黄色枠域赤丸集計行に✔

テーブルに集計行を表示する

te-burusutairu

↓↓↓

excel*syuukeigyou

 

元データ↓↓↓

excel-de-ta

テーブルへの変換

テーブルに変換すると書式設定やデータベースでの管理が簡単に行われるようになります。

行単位のデータ/列単位のデータ。

te-burusyuukei

 

前記事  Excel/小計を利用してデータを集計SUBTOTAL

 

スポンサーリンク

Excel/テーブル作成(行・列)を挿入削除する

 

テーブル内に行や列を挿入・削除すると新たにテーブルスタイルが再適応されるので書式が崩れる事はありません

★まずはExcel開いてみよう!!

excel-gyou-retu-tuikka

行を右クッリク→挿入
列を右クリック→挿入

 

複数行の挿入・削除

複数 列・行を挿入・削除する場合は範囲選択してから挿入・削除

 

テーブルスタイルのオプション

 

どのようなデザインにしたいのか

excel-sutairu-henkou

既存のデザイン

 

 

ゆり子
ゆり子

次回は数式を使って文字列の書式を編集する

勉強中・・・
勉強中・・・

関数で文字の書式を編集する

タイトルとURLをコピーしました